全国高等学校通信制教育研究会(事務局)
  東京都台東区東上野4丁目13番3号 服部ビル
     TEL  03-3841-5901
     FAX  03-3841-5902
 E-mail   zentu@ninus.ocn.ne.jp
 
研究協議会報告
研究協議会報告 >> 記事詳細

2018/11/01

第68回全国高等学校通信制教育研究会(和歌山大会)が開催されました

Tweet ThisSend to Facebook | by 事務局
 平成28年6月15日(水)~17日(金)の3日間、和歌山市の和歌山県民文化会館にて、「第68回全国高等学校通信制教育研究会総会並びに研究協議会(和歌山大会)」が開催されました。近畿地区高等学校通信制教育研究会(近畿地区通研)を担当地区として、主幹校の和歌山県立きのくに青雲高等学校が中心となり、すべての近通研加盟校が「近畿はひとつ」を合い言葉に準備を進めてきた今大会には、全国の加盟校及び関係機関より388名が参加し、実践発表や活気ある研究討議等が行われました。
 主な大会内容は次のとおりです。
 15日午後 「全通研理事会」、「大会実行委員会」
16日からの本大会に向けて入念な打合せが行われました。
 16日午前 「総会打合せ」、「分科会打合せ」
各会の最終確認を行いました。
「放送教育連絡協議会」、「全国通信制高等学校長会総会並びに研究協議会」
午後 「開会式」
         主催者代表挨拶:全通研会長代行 賀澤恵二(NHK学園高等学校長)
         開催県教育委員会代表挨拶:和歌山県教育委員会 宮下和己教育長
         来賓挨拶:文部科学省初等中等教育局 柿澤雄二専門官
              NHK和歌山放送局 仲山友章局長
「総会」
平成27年度事業報告、収支決算報告及び監査報告、1校の退会及び3校の新規加盟校提案、平成28年度役員及び顧問の提案、平成28年度事業計画案、収支予算案、平成29年度、30年度の全通研大会開催地区、主幹校が提案され、承認されました。
功労者表彰では、上代真澄全通研前会長に感謝状が授与され、67名に表彰状が授与されました。大会では表彰者を代表して、福島美和、近畿地区通研前会長(兵庫県立青雲高等学校前校長)に表彰状と記念品が授与されました。 
「文部科学省講演」
文部科学省初等中等教育局初等中等教育企画課教育制度改革室高校教育改革PT専門官、柿澤雄二氏に「高等学校教育をめぐる最近の動向」について講演していただきました。
「記念講演」
近畿大学水産研究所所長 升間主計氏に「クロマグロの完全養殖研究」について講演していただきました。
「研究協議会」
6分科会(第1分科会:学校運営、第2分科会:地歴・公民、第3分科会:数学、第4分科会:理科、第5分科会:放送教育、第6分科会:人権教育・教育相談)で実践発表や活発な議論が行われました。

 17日午前 「研究協議会」
          前日に引き続き、実践発表と活発な議論が行われました。
       「全体協議会」
          助言者への謝辞
本大会実行委員長 岩崎博 和歌山県立きのくに青雲高等学校長
          文部科学省への質問・要望に対する説明
           文部科学省初等中等教育局 柿澤雄二専門官
          全通研への質問・要望に対する説明
           全通研会長 賀澤恵二 NHK学園高等学校長
       「閉会式」
          大会実行委員長挨拶:岩崎博 和歌山県立きのくに青雲高等学校長         
          次期開催地区代表挨拶
中国地区通研会長 冨永六郎 広島県立西高等学校長
           次期主幹校 井場浩 島根県立宍道高等学校長
          主催者挨拶:全通研会長 賀澤恵二 NHK学園高等学校長
 ご参加の皆様にご協力いただき、無事に全日程を終了することができました。本大会で得た情報や深められた議論、そして通信制教育に携わる者同士の出会いが、各校の抱える課題解決の一助になることを願っています。
最後になりましたが、文部科学省、和歌山県教育委員会、NHK、NHK出版、NHKエデュケーショナルなど、通信制教育に関係する皆様に多大なご支援をいただいたことに感謝申しあげます。

09:09 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)

声明を出してます

全通研では「通信制高等学校の適正化を求める声明」を出しています。

全通研声明.pdf
通信制教育宣言.pdf
 

委員会紹介

全通研QRコード